拠点・ネットワーク 工場紹介

名寄工場

安定生産に最適な立地条件を持つ、広葉樹パルプを主原料とする中芯の専抄工場

当工場は、包装および輸送合理化のために段ボールの果たす役割の将来性に着目し、広葉樹パルプを主原料とする中芯の専抄工場として、1960年種々の立地条件に恵まれた北海道名寄市に建設されました。以来、設備の増設更新等合理化を重ね、生産性の向上を図り、信頼して使用いただける製品の安定供給に努めてきました。また、環境保全のために万全を期し、地球にやさしい紙製品の開発を心がけるとともに、社会への貢献を信条にリサイクル新時代に向け、限りない“紙の未来と可能性”を創造するべく努力を続けています。

  • 名寄工場
  • 名寄工場

工場概要

所在地 〒096-8555 北海道名寄市字徳田20-6
TEL:01654-3-3111 FAX:01654-2-2832
敷地面積 221,000㎡
年間生産量 約21万トン
従業員数 110名
主な製品 段ボール原紙(白ライナー・色ライナー・撥水ライナー・耐水ライナー)
段ボール中芯原紙(一般中芯・強化中芯・耐水中芯・耐水強化中芯)
特殊板紙(石膏ボード原紙・紙管原紙・その他板紙)
地域活動 グラウンドワーク/工場周辺ゴミ拾い(春・秋年2回)
天塩川流域市町村環境対策協議会開催(11月)
割り箸回収運動

所在地図